好勝負をありがとう⚾明桜 vs 仙台育英 | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

好勝負をありがとう⚾明桜 vs 仙台育英

好勝負を展開した明桜-仙台育英

2020年8月11日(火)。

こんにちは、REIYAです。

2020東北大会もいよいよ佳境。

昨日、決勝進出を決めた聖光学院

そして本日は、その対戦相手が決まる準決勝、明桜 vs 仙台育英の一戦です。

結果から申し上げて、ひじょうに感動的な好勝負を展開してくれました、両チーム。

すでに多くの野球ファンの方々はテレビ観戦で結果をご存知かと思いますが、、

今一度振り返りたいと思います。

 

初回に育英が先制するも、すぐに追いつく明桜

本日の先発は、明桜が風間

仙台育英は伊藤樹(たつき)です。

たつきくんといえば、大仙市出身の秋田っ子。

明桜戦のマウンドに立つだけでも、何やら感慨深いものがあります。

1回裏、仙台育英が早くも先制します。

2死2塁から、4番入江ライトオーバーのタイムリースリーベースヒット!

明桜 0-1 仙台育英

 

しかし、直後の2回表。

明桜も、1死満塁とチャンスを拡げた後、9番中峯レフトへ犠牲フライを放ち、すぐさま同点に。

明桜 1-1 仙台育英

 

この後、両チームともに攻め立てますが、なかなか得点に結び付きません。

それだけ好投を続けた両ピッチャー陣。

特に、明桜先発の風間は、長身を生かした速球を投げ込み、7回に降板するまで7奪三振

この間、仙台育英打線をわずか1安打に抑える快投ぶり。

対する明桜打線は、途中継投した阿部向坂を相手に得点のチャンスを作りますが、あと一歩というところで安打が出ず、、抑え込まれます。

 

タイブレークを制した仙台育英

結局、両チームともに9回まで得点ならず、、

大会規定により、延長10回からタイブレークに突入します。

(ノーアウト1,2塁の状態からプレー。)

10回表、明桜の攻撃。

明桜はダブルスチールを決め、ランナー2,3塁とチャンスを拡げますが、、

1番下沢はライトフライに倒れ、1死。

2番田中大夏は見逃し三振で2死。

3番平尾に対し、仙台育英は敬遠策。

2死満塁となります。

今日は8回にも敬遠された平尾。

昨秋の東北大会でも仙台育英相手に土壇場で同点打を放つなど、延長戦の立役者と言っても良かった平尾の活躍。

当時の残像が育英側にあったのか、、この日も1安打放っている平尾。敬遠はしごく当然の策だったのかもしれません。

2死ながら満塁のチャンスとなった明桜。

今日はノーヒットの4番佐々木渉に代り、代打小野

殊勲の勝ち越し打に期待が高まりましたが、ピッチャーゴロに倒れ、無得点。

 

10回裏、仙台育英の攻撃。

明桜は7回からマウンドに上がっている2番手、長尾

1番田中祥都をピッチャーゴロに抑え、1死1,2塁。

2番宮本

レフトへサヨナラのツーベースヒット!!

タイブレークを制した仙台育英が決勝進出を決めました。

明桜 1-2× 仙台育英

これで決勝戦の組み合わせは、仙台育英 vs 聖光学院に。

これまでの各校のスコアを見ても、どの試合も接戦だったことが分かります。

本当に、今夏の東北大会は好勝負が続きます。

実力が拮抗した各校。

今日もアツき接戦を展開してくれた明桜、仙台育英にありがとうという気持ちです。

 

明桜🌸思い出の夏をありがとう、、

本日の試合をもって、今世代の明桜の夏は終わったわけですが、、

やはりこの世代で最も印象に強く残っているのは、長尾投手です。

彼の投球姿は1年生の時から見てきましたので、すごく感慨深いものがあります。

よくここまで成長したものだと、勝手に保護者のような気持ちで見てきました。

『七色の変化球』『レインボー長尾』なんて、、勝手に命名したり、、。

それだけ、彼に対する愛着が深かったのだと思います。

今、若干、涙ぐみながら記事を書いてます(笑)。

明桜の最後のマウンドが彼だったことにも、少し涙を誘われました、、。

敗れたあとの、あの晴れやかな笑顔はしばらく忘れないと思います。

ともにドラフト候補のエース佐々木湧投手、橘髙投手と合わせ、今後の活躍にも期待しています。

 

彼らの良き思い出、、というわけでもないですが、、

数少ない自作動画の中でも、昨秋県大会決勝での、『太鼓🥁応援』動画を最後にご覧ください。

(※最後に、若干過去動画も含まれます、、。)

彼ら明桜メンバーの思い出が、少しでも皆さんの記憶に残りますよう、、。

明桜、素晴らしい試合をありがとう!!

お疲れさまでした!!