僅差の勝負を見せつける東北大会~仙台育英、聖光学院が勝利 | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

僅差の勝負を見せつける東北大会~仙台育英、聖光学院が勝利

またも先制した一関学院、終盤で逆転の仙台育英

2020年8月10日(月)。

こんにちは、REIYAです。

本日から甲子園での交流試合も始まり、野球観戦にいよいよ熱が加わる日となりました。

 

昨日の雨で流れた東北大会の一戦、仙台育英 vs 一関学院

先発は今日も仙台育英が笹倉、一関学院は菊池

今日も先制したのは一関学院。

初回にいきなり笹倉から2点を奪取。

昨日の雨天ノーゲーム(3回コールド)と同様の展開に、、。

しかし、このまま終わるはずもないライオン軍団。

4回に1点、7回にも2点を奪い、逆転に成功。

そのまま逃げ切り、準決勝進出を決めました。

仙台育英 3-2 一関学院

 

激しい投手戦を制した聖光学院

そして一足早い準決勝の鶴岡東 vs 聖光学院

鶴岡東は、昨日の青森山田戦で投げ抜いたエース太田に代わり、今日は背番号6の小林がマウンドへ。

聖光学院はエース舘池が先発。

 

1回表、鶴岡東は1死1,3塁のチャンスから4番鈴木のタイムリーで先制。

早くも鶴岡東ペースのゲーム展開になるかと思われましたが、、

その後は両投手ともにコースを絶妙に突くピッチングで6回まで無得点。

昨日の鶴岡東 vs 青森山田戦のように、投手戦となります。

 

しかし6回以降、少しづつ鶴岡東・小林の制球力が鈍ります。

コースをわずかに外れる甘い球を捉えられ、、

高めに浮いた球を叩かれ、、

7回裏には1死2,3塁からライトへ犠牲フライを運ばれ、聖光学院が追いつきます。

そして同点で迎えた9回裏。

連打を浴び、1死1,3塁とピンチを背負う小林。

サヨナラ打を防ぐためにも、6番打者に申告敬遠し、1死満塁に。

守りやすい態勢にして対峙したのは、聖光学院7番、内山

見事にセンター前に弾き返し、サヨナラ打。

聖光学院が粘り勝ちしました。

鶴岡東 1-2× 聖光学院

鶴岡東としては、中盤以降に少しづつ制球力を落とした小林。

継投も考えられたでしょうが、結局、完投を果たしました。

聖光学院のエース舘池。

最後まで絶妙なコースを突く投球で打者を翻弄、9回を投げ抜きました。

 

一足早く、決勝に駒を進めた聖光学院。

明日実施される明桜 vs 仙台育英の勝者と対戦します。

今日は甲子園交流試合や、各都道府県の独自大会でもサヨナラ勝ちなど、劇的な試合が多くありました。

かくてこそ、高校野球は面白い!!

『NO BASEBALL, NO SUMMER !!』

(高校野球なくして日本の夏は終わらない!)