2019夏の「激闘」を振り返る⚾木更津総合vs習志野 | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

2019夏の「激闘」を振り返る⚾木更津総合vs習志野

2020年4月1日

「激闘」を制し、「宿願」を果たした習志野

2019年夏の甲子園も終わりを告げ、やや”高校野球ロス”感が残るこの頃、、。

そこでもう一度、地方大会での熱闘を振り返りたく、記事をまとめることにしました。

個人的にも未だに記憶に刻み込まれているのは千葉地方大会の準決勝、木更津総合vs習志野の一戦。

というのも、私は昨年まで千葉在住であり、高校野球千葉大会は可能な限り、激戦の行方を追っていました。ここ数年、甲子園出場を続けている強豪、木更津総合。そして今春のセンバツで甲子園準優勝を果たし、「今年こそは、、。」と宿願に燃える習志野。この一戦を確認せずにこの夏を終えることは私には到底無理でした、、。

 

千葉大会の「天王山」、序盤から意外な展開に、、

高校野球千葉大会 準決勝 木更津総合vs習志野 (ZOZOマリンスタジアム)

毎年千葉の王座を狙い、しのぎを削り合うライバル校同士の対決。

事実上の千葉決勝戦

 

習志野先発は春の選抜甲子園でも活躍を見せたエース飯塚。木更津総合は先発篠木

木更津総合の先攻で試合開始。

1回表。

1番キャプテン小池

レフト前タイムリーで無死2塁。

2番、1年生の山中

「チャンス紅陵」の応援歌が後押しする。

送りバントの打球をピッチャー飯塚がサードへ。しかしセーフ。

ピンチをひろげてしまう。無死1,3塁。

3番強打者の太田昨年からクリーンナップで活躍する木更津総合の大黒柱。

飯塚の140キロ台速球がうなる。

高めを叩いて左中間へ。

走者一掃のタイムリースリーベース! 木更津総合がいきなり先制。

木更津総合 2-0 習志野 

なおも無死3塁。

4番斎藤

ライトへの犠牲フライで3塁ランナーの太田が生還。

木更津総合 3-0 習志野

習志野のエース飯塚に対して予想外の展開。序盤から一方的な試合運びに。

これが木更津総合の力か。

1死ランナーなし。

5番下川

ここは三振に打ち取り、2死。

6番岩井。ここも見逃し三振で3死。

 

1回裏。習志野の攻撃。

木更津総合の先発篠木も2年生ながら前評判の高い投手。

1番根本

レフト前にヒットを放ち、無死1塁。

2番小澤

送りバントの構え。

しかしヒッティングでサードゴロ。バスターエンドランだったことにより、根本は無難に2塁へ。1死2塁。

3番角田

三遊間を抜けるヒットで1死1,3塁。

習志野もチャンスを作ります。

「レッツゴー習志野」を浴びて登場した4番櫻井

春の選抜甲子園でもホームランを放っているのが記憶に新しい。

高く打ち上げた犠牲フライで3塁ランナーが生還。

木更津総合 3-1 習志野

2死1塁。

5番髙橋

フォアボールで2死1,2塁。

6番和田

振りぬいた打球はライト線へ!タイムリツーベース!!

木更津総合 3-2 習志野 

なお2死2,3塁。

投手戦ではないかという予想を裏切り、初回から打撃戦へ。

7番兼子打率6割越えの”恐打者”。

しかしここは空振り三振で3死。

 

2回表。木更津総合の攻撃。

習志野エース飯塚は立て直せるか?

7番古川

内野安打で出塁。無死1塁。

8番大西送りバントで1死2塁。

9番篠木

ピッチャー強襲の打球をセカンドがさばいて2死。2死3塁。

1番小池

レフトフライで3死。

 

2回裏。習志野の攻撃。

8番飯塚から。

レフトフライで1死。

9番キャプテンの一人、竹縄

セカンドフライで2死。

1番、もう一人のキャプテン、根本

「モンキーターン」の応援で習志野応援スタンドの意気が上がります。

しかしここは、空振り三振で3死。

 

3回表。木更津総合の攻撃。

2番山中から。

左中間に落とし、無死1塁。

3番太田

ヒットエンドランの狙いを外し、ランナーをキャッチャー兼子が刺し、1死。

しかも太田を三振に打ち取り、2死ランナーなし。

4番斎藤

ここも空振り三振に打ち取り、3死。

エース飯塚本来の調子が戻ってきたようです。

 

3回裏習志野の攻撃。

2番小澤

デッドボールで出塁。無死1塁。

3番角田

ライナー性の当たりをライトがつかんで1死。

しかも飛び出たランナーが戻り切れず2死。

4番櫻井ショートゴロで3死。この回も無得点。

依然として 木更津総合 3-2 習志野

 

4回表木更津総合の攻撃。

5番下川から。

飯塚この試合初のフォアボールで無死1塁。

6番岩井は送りバントで1死2塁。

7番古川

飛び出ていた2塁ランナーを習志野キャッチャー兼子が見逃さず、

またも刺して2死ランナーなし。

兼子の好プレーが飯塚を援護します。

しかし古川は右中間を破るタイムリースリーベース。2死3塁。

どこからでも長打を打ってくる木更津総合打線。恐るべし!

8番大西

ここはセカンドライナーで3死。

 

4回裏、習志野の攻撃。

5番髙橋

サードフライで1死。

6番和田

ピッチャーゴロで2死。

7番兼子

サード強襲でしたが、サード下川がっちりキャッチ。3死。

両チームともに好守備も目立ちます。

 

習志野、小澤のタイムリーで同点へ!

5回表、木更津総合の攻撃。

9番篠木

空振り三振。1死。

1番小池。1年生時から甲子園を経験しているベテラン選手。

センターフライで2死。

2番山中。こちらも昨夏、お兄さんが甲子園出場している選手。

ライトフライで3死。

 

5回裏、習志野の攻撃。

8番飯塚

二遊間を襲う内野安打で無死1塁。

9番竹縄

しっかり送りバントを決めて1死2塁。

1番根本

チャンスに再び「レッツゴー習志野」の応援。

フルカウントの後、空振り三振。2死2塁。

悔しさのあまり、根本はバットを叩きつけるようなしぐさ。

2番小澤

右中間を破るタイムリースリーベース! 習志野同点に!

木更津総合 3-3 習志野

3番角田。1死3塁でチャンスは続きます。

しかしショートライナーで3死。

 

習志野、飯塚の速球がうなる!

6回表。木更津総合の攻撃。

3番太田

飯塚の力投は続きます。

142キロのストレートで三振! 1死

4番斎藤

センターフライで2死。

5番下川

ここも143キロストレートの見逃し三振。7つ目。3死。

 

6回裏、習志野の攻撃。

4番櫻井

ライトオーバーのツーベース! 無死2塁。

5番髙橋

バントを打ち上げてしまい、1死2塁。

6番和田

セカンドゴロで2死3塁。

7番恐打者兼子

センター返しの打球はピッチャーに当たり、打球の勢いが弱まり、セカンドゴロに。3死。

 

セカンド強襲で木更津総合が再びリード

7回表、木更津総合の攻撃。

6番岩井

左中間へのヒットで出塁。無死1塁。

7番古川

送りバントで1死2塁。

8番大西

「チャンス紅陵」の応援で木更津総合スタンドが声を張り上げる。

セカンドゴロで2死3塁。

9番篠木

セカンドゴロをセカンドがはじいてヒット。木更津総合が勝ち越し!

木更津総合 4-3 習志野

なお2死1塁。

1番小池。応援が「アゲアゲホイホイ」に。

ここでセーフティバント!

しかし飯塚が落ち着いて処理。3死。

木更津総合がこの回でゲームを動かしました。

 

7回裏、習志野の攻撃。

8番飯塚から。

空振り三振で1死。

9番竹縄

ライト前ヒットで1死1塁。

1番根本

フルカウントまで粘ってフォアボール。1死1,2塁。

2番、先ほど同点のタイムリーを放った小澤

送りバントで2死2,3塁。チャンス継続で「レッツゴー習志野」も長丁場に。

3番角田

ここはピッチャー篠木が抑え、サードゴロ。3死。得点ならず、、。

 

8回表。木更津総合の攻撃。

2番山中

センター返しで無死1塁。

3番太田

送りバントがキャッチャーフライで1死1塁。

太田にバント!?

4番斎藤

斎藤もバント!

飯塚は2塁へ送球!しかしセーフ。1塁はアウト。2死2塁。

木更津総合は手堅く追加点をということなのでしょう。

5番下川に代わり、代打深野

両応援スタンドも祈るような応援を。「チャンス紅陵」が続きます。

フルカウントの後、空振り三振! 3死。

飯塚の気迫が勝りました。

 

習志野、兼子の殊勲打で再び同点に!

8回裏、習志野の攻撃。

4番櫻井から。

高めを捉えた打球はセンターオーバー!伸びる!伸びる!

しかしセンター太田が後ろに転倒しながらもキャッチ!フェンスギリギリの好プレーでアウト。マリンスタジアムがアツくなります。1死。

5番髙橋

ショートゴロで2死。

習志野、なかなか同点のチャンスが作れません。

6番和田

今度もセンター前に。

太田が今度は前にダイビングしますが、ここはヒットに!2死1塁。

7番、期待の兼子

振りぬいた打球はレフト線へのタイムリー!

1塁ランナーの和田は3塁ベースを蹴って一気にホームへ!

ヘッドスライディングで飛び込み、同点! 

木更津総合 4-4 習志野

2死2塁。

8番飯塚

ここで木更津総合はピッチャー篠木を代え、背番号11の根本に。

昨夏の甲子園準々決勝、下関国際との対戦で7回無失点。

150キロ近い速球を持つ実力ある投手です。

依然2死2塁のチャンスで「レッツゴー習志野」の応援。

マリンスタジアムが徐々にざわつき始めます。

しかし根本の制球が定まらず、飯塚三遊間を破るヒットで2死1,3塁。チャンス継続。

9番竹縄

根本に対して竹縄が大きく吠えます。

回は終盤8回。1球ごとに緊張が走ります。

最後は根本の緩いボールに手が出ず、見逃し三振。習志野同点止まりとなりました。

 

何というゲームか!木更津総合再びリード

9回表、木更津総合の攻撃。

6番岩井から。

初球を叩いた打球は右中間を破るツーベースヒット!無死2塁。

7番古川

送りバント成功で1死3塁。「チャンス紅陵」で再びスタジアムがアツくなる。

木更津総合勝ち越しのチャンスで

8番大西

飯塚の投球は依然落ち着きを保っています。

フルカウント。

詰まった打球は内外野の間へ。3塁走者生還で木更津総合、再び勝ち越し!

木更津総合 5-4 習志野

なお1死2塁。

9番、代ったばかりの根本が打席へ。

習志野応援スタンドも涙混じりの祈る姿が目立つように。

ここは飯塚が気迫を見せ、140キロのストレートで三振。2死2塁。

1番小池

センターフライで3死。 しかし木更津総合、大きな勝ち越しで最後の守りへ!

 

習志野が執念の「メークドラマ」

9回裏、習志野最後の攻撃。

最終回は最初から「レッツゴー習志野」の応援。

1番根本。ここで”根本対決”が実現。(この二人は中学まで一緒にプレーしていたようです。)

ここは木更津の根本の勝利。

147キロの速球で三振。1死。

2番小澤

ここにきて根本の速球が威力を増してきます。

2ストライクと追い込みます。

サードゴロで2死。

あと一人で木更津総合は4連覇。

3番角田

習志野の応援スタンドは皆泣き顔に。

フルカウントへ。

1球ごとにどよめきが。

角田も何とかバットに当て、ファウルへ。

最後はフォアボール。2死から1塁へ。

4番櫻井。まだまだ「レッツゴー習志野」は続きます。

ここもツーストライクと追い込みます。

1球ごとに緊迫の場面。櫻井もファウルでカットし続けます。

5球目をレフト前へ!2死1,2塁。サヨナラのランナーが出塁。

5番髙橋

両チームにとって非常に長く感じるイニングでしょう。

髙橋もファウルなどで粘ります。簡単には根本に屈しません。

きわどいボールを見送り、フルカウント。

木更津総合の応援スタンドにも祈る姿が。

そして、、真ん中に入ったボールを髙橋がレフト前にはじき返し、2塁ランナー角田がヘッドスライディング!セーフで雄たけびを上げる角田。同点! 

木更津総合 5-5 習志野

何という試合でしょう。2死からのこの粘り。

習志野の粘りは今年は違います。

なおも2死1,2塁。

ここで代打、山内

春の選抜甲子園では投手としても活躍した山内

しかしここは空振り三振! 試合は延長戦へ。

ーーーーーーーーーー

【延長戦】

10回表、木更津総合の攻撃。

2番山中から。

セカンドゴロで1死。

3番太田

飯塚は依然落ち着いた投球を続けます。

サードゴロで2死。

4番、途中から守備に入った熊谷。初打席。

変化球で空振りを奪う飯塚初回以外はずっと投球に安定感があります。

152キロの速球で空振り三振! 3死。

 

10回裏、習志野の攻撃。

7番兼子から。

フェンス際のファウルフライで1死。

もはや習志野応援スタンドは最初から「レッツゴー習志野」

習志野高校のこの勝負にかける思いはものすごいです。

8番飯塚

木更津総合根本も力投を続けています。

飯塚の打球はファーストゴロ。2死。

9番、途中から守備に入った松本

フォアボールで出塁。2死1塁。

1番根本

打ち上げた打球はセンターフライ。3死。

 

11回表、木更津総合の攻撃。

(※この回も得点ならず。)

 

11回裏、習志野の攻撃。

この回も根本の投球の前に打者が二人倒れ、2死。

4番櫻井

センター前ヒットで、2死1塁。

サヨナラのランナーが出塁。

5番髙橋

ライト前にはじき返し、2死1,3塁のチャンス!

6番、途中出場の山内

根本もここが踏ん張りどころ。

山内はセーフティバント!何とも意表を突く攻撃。

しかし、ファウル。

続いて打った打球はショートゴロ。

しかしこれが内野安打に。

習志野がサヨナラのホームを踏んで 

木更津総合 5-6 習志野

ーーーーーーーーーー

強豪校同士の1点を争う激しい試合。

最後は何となく締まらない結末でしたが、それでも9回、ツーアウトランナーなしからの習志野の粘りはものすごい!

今年は春のセンバツ準優勝から流れが来ていたといっていいと思います。

そして甲子園初戦、沖縄尚学戦でも再び「メークドラマ」を見せてくれました!

続く対鶴岡東戦では残念ながら敗れてしまいましたが、習志野らしい粘りで終盤、徐々に追い詰めていくあの闘いぶりは見事でした。

飯塚投手の速球で空振りを奪う姿は見てて惚れ惚れします。

日本代表として、U-18ワールドカップも活躍する姿を見せてほしいと思います。

頑張れ飯塚投手! 頑張れサムライJAPAN!