鶴岡東、小牟田を打ち崩し、準決勝へ | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

鶴岡東、小牟田を打ち崩し、準決勝へ

5回まで両チーム無得点の投手戦

2020年8月9日(日)。

こんにちは、REIYAです。

本日より開催の2020高校野球東北大会。

第1試合の仙台育英 vs 一関学院雨天ノーゲームで順延となってしまいましたが、

第2試合、鶴岡東 vs 青森山田は予定通り実施。

先発は鶴岡東が太田

青森山田は小牟田

両エース同士の投げ合いとなりました。

 

いざ試合展開を眺めてビックリ。

5回まで両チーム無得点の投手戦。

ある程度の好勝負は想定していましたが、予想を上回る接戦でした。

 

鶴岡東がHR2発で小牟田を攻略

試合が動いたのは6回表でした。

鶴岡東が1死2塁から、4番鈴木のヒットで先制。

さらに7回には1番山路の2ランホームラン、9回にも8番吉田のソロホームランで試合を決しました。

青森山田は8回に1点を返しますが、及ばず、、。

鶴岡東 4-1 青森山田

得意の強打で小牟田を打ち崩した鶴岡東打線。

しかし、小牟田も打たれたとはいえ、さすがにプロ注目のMAX150キロ投手。

鶴岡東打線を相手に14奪三振の完投でした。

 

他の地方ができていない中、東北地方のみ、このようなアツイ大会を実施できるのはある意味幸せなことでしょう。

これぞ、『東北の甲子園』と呼べるかもしれません。

北の大地で繰り広げられる、東北の甲子園。

2020年の特別な夏を、まだまだ盛り上げてくれることを期待します。

頑張れ、東北勢!!