明桜はシード枠、鶴岡東と青森山田の激突がアツイ! | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

明桜はシード枠、鶴岡東と青森山田の激突がアツイ!

2020年8月7日

東北大会の組み合わせが決定!

2020年8月7日(金)。

こんにちは、REIYAです。

8月9日(日)~11日(火)の日程で開催される東北地区高校野球大会。

最後まで残っていた枠、福島代表が決定(聖光学院)、組み合わせが最終的に決まりましたので以下に掲載します。

 

 

なおこれまでの情報では、東北地区では準決勝以降の試合がNHKにて放送されるようです。

それでは例のごとく、2020東北大会の展望を個人的な視点で以下に。

 

シード枠の明桜、対戦相手はやはり仙台育英か?

明桜は図らずも抽選により、シード枠となり、仙台育英 vs 一関学院の勝者と対戦することに。

私個人の見立てでは、やはりここは仙台育英が勝ち上がるかと。

一関学院は、岩手大会決勝で盛岡大付を破ったとはいえ、その勝ち上がり方から見ても、仙台育英が総合力では上回っているとみます。

田中祥都主将をはじめ、向坂優太郎入江大樹、さらにはエースの笹倉世凪、控えの伊藤樹もいます。

選手層が厚く、投打に抜かりのないライオン軍団が明桜と対戦か、、!?

明桜は春に仙台育英と練習試合を行っています。

確か一勝一敗の結果でしたが、あくまで練習試合。

”明桜カルテット”の総合力の伸び率はすさまじく、ライオン軍団と熱戦を展開してくれるものと期待します。

明桜は昨秋の東北大会では橘髙投手らが打たれ、延長戦の激闘の末、惜しくも敗れましたが、今年はぜひリベンジを果たしてほしいと思います。

総合力でも決して育英打線に引けをとらないはず。

一球入魂🔥!!

 

青森山田の小牟田龍宝 vs 鶴岡東打線

鶴岡東青森山田の対戦はアツイですね。

個人的にはプロ注目のMAX150キロ右腕・小牟田龍宝が強力・鶴岡東打線をどこまで抑えこめるか、、。

ひじょうに興味深いです。

また、小牟田は打撃面でも非凡なものがあり、高校通算19本を放つ強打者でもあります。

仮に打たれ込まれたとしても、打者としてチームを支えることは間違いないでしょう。

また、以上は、あくまでも一つの視点として切り取っただけのものです。

もちろん、両チームともに総合力で拮抗していると見ます。

どちらが勝ってもおかしくない、逆に言えばひじょうに見応えのある対戦です。

 

また新情報が入り次第、追記などしていきます。