秋田県大会⚾ベスト8出揃う!! | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

秋田県大会⚾ベスト8出揃う!!

ツイッター速報が”進化”した秋田県高野連

2020年7月15日(水)。

こんにちは、REIYAです。

本日は秋田県大会ベスト8の残り2枠を決める試合が行われましたが、、

結果を記事にする前に、秋田県高野連のファインプレーをお伝えしたいと思います。

日を重ねるごとに(まだ2日目ですが)速報の精度が上がっているのです。

上記は秋田県高野連のツイッター速報を拝借させて頂きました。m(_ _)m

スコア表示もさることながら、全体的に見やすくなっています。

フォロワーの方もおっしゃってましたが、、

最初からできるのか、それともこの2日間で本当に”進化”したのか、、。

いずれにしても、県内野球ファンにとっては嬉しい限りですね。

 

秋田打線を抑え込んだ秋田商業、石川

【中央Dブロック】

秋田 3-4✖ 秋田商業

ともに野球部の歴史が長い、伝統校同士の対決。

私がこの対戦を観るのは(ツイッター観戦ですが)、1994年の県大会決勝以来。

『野球部の応援にいかねば!!』と(当時私は秋田高剣道部で、すでに当時引退してました)、友人と自転車を立ちこぎして八橋球場に急いだのを覚えています。

この日は、10-6で秋田の勝利、甲子園出場を決めました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

実は秋田県内で甲子園出場回数が最も多いのがこの2校です。

まあ、野球部の歴史が長いんだから当然といえばそうなんですが、、。

 

19回 秋田(旧秋田中時代を含む)

18回 秋田商業

  8回 明桜(旧経法大附)

  5回 金足農業

......と続きます。

 

さて、本日の試合内容ですが、

今日はどのチームも守備のエラーに悩まされた印象、、。

この試合、秋田は序盤に先発菊池翔のWP,守備のエラーなどが重なり2点を献上。

しかし5回にはその菊池翔が自らのバットでライトオーバーのタイムリーツーベース!

この回で3点奪取、逆転に成功します。3-2

その裏、秋田はいつも通りの流れでエース左腕、髙橋真央に継投。

このまま秋田商業打線を封じ、逃げ切るかと思われましたが、、

7回裏、秋田の守備のエラーが重なり、満塁に。

そして秋田商業は途中から守備で入った八栁右中間にツーベースヒット!!

秋田商業、もう一度試合をひっくり返します。3-4

これが結果的に決勝点となり、秋田商業がベスト8進出を決めました。

秋田は序盤と終盤の守備のエラーが悔やまれるところだと思います。

にしても、強力秋田打線を抑えた秋田商業の石川投手。

いつもは長打で口火を切る秋田の先頭打者、キャプテン菊池信平もヒットらしいヒットを打てず。

石川もまた、昨秋時点とは比べものにならないくらい成長した様が伺えます。

次戦の湯沢翔北戦にも期待したいところです。

 

早目の継投で逃げ切った横手清陵

【県南Gブロック】

増田 1-4✖ 横手清陵学院

この試合も守備のエラーが結果に響きました。

しかし、個人的には横手清陵、早目の継投が功を奏したのではないかとひそかに見ています。

横手清陵は3回表、ヒット2本を浴び1死1,3塁とされると、先発佐藤遥から2番手へと早目の継投策を。

この回、無失点で切り抜けます。

4回裏、横手清陵は2連打で2死2,3塁。

6番堀江がレフト方向へのツーベースヒットで2点先制! 0-2

さらに6回裏、増田の守備のエラーが重なり、1点追加。 0-3

8回表、増田は珍田藤田のヒットで1死1,3塁とすると、佐藤脩の犠牲フライで1点返します。

1-3

しかしその裏、横手清陵、またも相手エラーと死球などで1点追加します。1-4

この試合、安打数でいえば増田は10本放っているのに対し、横手清陵はわずか3本。

増田としてはチャンスを生かせず、エラーも響いた結果となりました。

横手清陵がベスト8最後の枠をモノにしました!

 

見応え充分な準準決勝⚾

いよいよ18日(土)から中継映像で観ることができる秋田県大会。

ここまでの各校の戦いぶりを見ると、どの試合も見応えありそうですが、

やはり個人的にも注目したいのは秋田修英 - 明桜のカードですね。

明桜カルテットに対し、秋田修英打線がどこまで打ち崩せるか、、。

県内私立校同士の対決でもあります。

現時点では土日ともに天候に問題はなさそうですが、、月曜日以降、また崩れそうな模様。

球児たち、特に3年生にとっては最後の夏。

体調管理、ケガ予防に配慮頂き、「最高の夏」にしてほしいものです。