2020秋田県大会⚾初日 5チームがコールド発進!! | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

2020秋田県大会⚾初日 5チームがコールド発進!!

2020秋田県大会⚾開幕!!

2020年7月9日(木)。

こんにちは、REIYAです。

いよいよ待ちに待った、高校野球秋田県大会が開幕しました。

残念ながら各球場には入れませんので、試合結果のみ伝えることになりますが、、

可能な限り、昨夏以降の観戦記録と照らし合わせ、球児たちのこれまでの活躍を振り返る場にしたいと思います。

お付き合い頂ければ幸いです。

 

能代工業が初戦に勝利!!秋田北鷹を下す

ここからは各地区の試合結果を。

こ  —–  こまちスタジアム

さ  —–  さきがけ八橋球場

よ  —–  グリーンスタジアムよこて

平  —–  平鹿球場

山  —–  山田久志サブマリンスタジアム

 

【県北地区】

秋田北鷹 1-4✖ 能代工業

能代工業が県北の雄、秋田北鷹を下し、初戦突破!

来春には校名が変わり、「能代工業」の名前はなくなってしまいます。

最後の夏に精一杯、躍進してほしい!!

 

初回に先制されるも、逃げ切った大館鳳鳴

【県北地区】

大館桂桜 3-5✖ 大館鳳鳴

大館桂桜が初回に2点を先制しますが、大館鳳鳴は得意の粘りを見せ、4回までにたてつづけに5点を奪取、逆転のまま逃げ切りました。

このままEブロック制覇なるか?

 

ともにコールドを決めた秋田西、秋田中央

【中央地区】

秋田西 10-0 西目 (7回コールド)

男鹿工業 2-12✖ 秋田中央 (5回コールド)

ともにコールド勝ちで初戦突破の秋田西、秋田中央。

明後日の11日(土)に両者は対戦しますが、それに勝てば明桜 vs 金足農業の勝者と。

Bブロックはひじょうに見ごたえあり、かつ、波乱を期待したい面もあります。

 

やはり!強力打線を発揮した秋田南、秋田工業

【中央地区】

秋田高専 1-17✖ 秋田南 (5回コールド)

秋田工業 12-0 仁賀保 (5回コールド)

ともに5回コールドで勝ち上がった秋田南、秋田工業。

昨秋から”強力打線”が持ち味の両チームです。

7/11(土)に両者が対戦。

秋田南は勝てば、(順当に進んだとして)由利と対戦。

昨秋の県大会準々決勝で由利に敗れ、ベスト4入りを逃しているだけに、”リベンジなるか”注目したいところです。

 

逃げ切った大曲、序盤から大量点奪った湯沢

【県南地区】

大曲農業 4-6✖ 大曲

曲工業 3-8✖ 湯沢

序盤で突き放すも最終回に4点を奪われ、あと一歩まで迫られた大曲。

エース田仲投手が踏ん張りました。

同じく序盤で大量点を奪い、大曲工業打線を抑えた湯沢。

11日(土)の両チームの対戦も楽しみです。

ここのブロックも秋田修英がいますので、どうなるか、、。

 

無難に勝ち上がった横手、大量点の平成

【県南地区】

羽後 4-8✖ 横手

平成 23-0 大曲農高太田分校

無難に勝ちを進めた横手。

23点もの大量点で初戦を飾った平成。

このFブロックには角館、湯沢翔北の強豪が。

初戦でどちらかが消えるのがつくづく惜しいです。

 

最後の夏を終えた球児たちへ、、

今年はコロナ禍により、春の大会もなく、地区予選もなく、、

本当に久しぶりの公式戦となりましたが、一足早く、夏を終えてしまった球児たち。

なかでも、個人的に活躍を期待していた秋田北鷹のエース清水投手、そして工藤大成選手。

彼らの活躍を中継映像ですら観ることができないのはひじょうに残念です。

せめて、昨秋の県大会での彼らの一コマをここに掲載させて頂きたく思います。

 

まず、エース清水投手。

そして4番バッターの工藤大成選手。

私個人のワガママをお許し下さい。

 

昨秋の対秋田南戦では白熱した試合を展開してくれました。

感動をありがとうございました。

 

明日も秋田県大会の結果を精一杯、記事にさせて頂きます。