[2020/6/11追記] 2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)開催⚾ | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

[2020/6/11追記] 2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)開催⚾

2020年6月11日

[2020/6/11追記] 2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)開催!

2020年6月11日(木)。

『2020春センバツ』の記事への追記になります。

一度はコロナ禍の影響で中止となった『2020春センバツ甲子園』の代替大会となる、『2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)』が開催されることになりました!!

1人の高校野球ファンとして、素直に嬉しいです。

日本高野連の発表によりますと、この交流試合は8月10~12日及び15~17日の計6日間、甲子園球場に選抜出場チーム32校を招待し、各チーム1試合ずつの計16試合を行うとのことです。

原則、無観客で実施されるようですが、努力を重ねた球児たちが甲子園の土を踏めるだけでもありがたいことと思います。

組み合わせ抽選会は7月18日にオンラインで実施されるそうですが、どのような組み合わせになるか楽しみです。

各校、1試合しか実施されないとなれば、、

その組み合わせは普段のセンバツ以上に重要であり、”価値のあるもの”になりはしないでしょうか。

甲子園という舞台で繰り広げられる、いわば”夢のカード”

現時点(6月11日)では夏の甲子園が中止となっているだけに、2020甲子園を彩る試合といっても過言ではないと思います。

 

組み合わせを予想するだけでも楽しくなりますが、個人的には以下の2試合が実現してほしいものです。

仙台育英(宮城)vs  大阪桐蔭(大阪)

2018年に春夏連覇を果たした大阪桐蔭。

その時のキャプテン中川選手が2年生の夏、甲子園3回戦。

当時の対戦相手が仙台育英でした。

春夏連覇の夢を賭け、9回2死、あと一人まで追い込んでいた大阪桐蔭でしたが、ファーストの守備についていた中川選手のエラーが呼び水となり、まさかのサヨナラ負けを喫しました。

3年生に申し訳ないと思う気持ちもあり、またこの上ない悔しさもあったでしょう。

中川選手は自然とキャプテンの座につき、翌年には見事に春夏連覇を果たしました。

そういう意味では感慨深い、この対戦。実現してほしいものです。

 

もう一つは、以前、他の記事でも触れたかもしれませんが、

健大高崎(群馬)vs  明石商業(兵庫)

新生”機動破壊”をひっさげ、走・攻・守にバランスがとれたチームである、健大高崎。

そして徹底的に相手チームの戦力データを分析・研究し尽くす狭間監督の明石商業。

緻密なデータ分析で相手の機動破壊を封じるか?

それとも、それすら跳ねのける機動力・破壊力を発揮できるか?

こちらも非常に見応えのある対戦だと思います。

いずれにしても、甲子園での球児たちの躍動が楽しみです。

(6/11の追記はここまでです。)

 

 

ついに出場32校が出揃う

2020年1月24日(金)。

こんにちは、REIYAです。

高校野球ファンの皆様は私も含め、今朝からソワソワ、、。

その主因である2020春のセンバツ出場校が出揃いました。

以下に補欠校も含め、紹介させて頂きます。

 

ーーーーーーーーーー

第92回選抜高等学校野球大会

令和2年3月19日(木)~ 3月31日(火)

(雨天順延。準々決勝翌日と準決勝翌日の休養日を含む。)

👉 組み合わせ抽選会

令和2年3月13日(金)

 

【出場校】

赤太字は今記事での紹介校です。

 

【北海道】

白樺学園 

ーー21世紀枠ーー

帯広農業 

ーー補欠校ーー

札幌日大

 

【東北】

仙台育英(宮城)

鶴岡東(山形)

ーー21世紀枠ーー

磐城(福島)

ーー補欠校ーー

盛岡大付属(岩手)

仙台城南(宮城)

 

【関東・東京】

健大高崎(群馬)

山梨学院(山梨)

東海大相模(神奈川)

桐生第一(群馬)

花咲徳栄(埼玉)

国士館(東京)

ーー補欠校ーー

習志野(千葉)

西武台(埼玉)

帝京(東京)

 

【東海】

中京大中京(愛知)

県立岐阜商(岐阜)

加藤学園(静岡)

ーー補欠校ーー

藤枝明誠(静岡)

愛工大名電(愛知)

 

【北信越】

星稜(石川)

日本航空石川(石川)

ーー補欠校ーー

敦賀気比(福井)

佐久長聖(長野)

 

【近畿】

天理(奈良)

大阪桐蔭(大阪)

履正社(大阪)

智弁学園(奈良)

明石商業(兵庫)

智弁和歌山(和歌山)

ーー補欠校ーー

京都翔英(京都)

奈良大付(奈良)

 

【中国・四国】

倉敷商業(岡山)

鳥取城北(鳥取)

広島新庄(広島)

明徳義塾(高知)

尽誠学園(香川)

ーー21世紀枠ーー

平田(島根) 

ーー補欠校ーー

創志学園(岡山)

矢上(島根)

岡豊(高知)

新田(愛媛)

 

【九州】

明豊(大分)

大分商業(大分)

創成館(長崎)

鹿児島城西(鹿児島) 

ーー補欠校ーー

沖縄尚学(沖縄)

宮崎日大(宮崎)

 

ーー21世紀枠補欠ーー

伊香(滋賀)

近大高専(三重)

 

東北勢の活躍に期待を⚾

以上、春センバツ出場校です。

残念ながら習志野(千葉)は補欠校に。

可能性としてはほぼないでしょうが、出場が確定した関東枠のいずれかの高校が出場を辞退することにでもなれば、あるいは可能性はあるかもしれません。

(写真はイメージです。)

東北地方からは磐城(福島)が21世紀枠で選出されました!!

彼らの甲子園での躍進に期待したいと思います。

そして仙台育英(宮城)鶴岡東(山形)

この2校も甲子園での上位進出は十分狙えると信じていますので、、東北の高校野球ファンの皆様、応援しましょう。

そして仙台育英鶴岡東に合わせて、今春の甲子園において目を離せないのが健大高崎(群馬)です。

秋の関東を制覇し、神宮大会でも準優勝。

戸丸キャプテンを始め、力のある選手がそろい、なかでも191㎝と長身の橋本拳汰投手がどこまでの活躍を見せてくれるのか、、。

新生”機動破壊”が見られるのかどうか。

非常に楽しみです。

 

明桜(秋田)の力はどこまで通用するのか、、

それからもう一つ、、

大事な視点があります。

それは秋田県勢の明桜です。

強化招待試合とはいえ、昨年10月には健大高崎3-2で勝利しています。

そして秋季東北大会では優勝した仙台育英8-9(延長11回)の熱戦を展開。

これだけの記録を残してくれた明桜の今後に期待する意味でも、健大高崎仙台育英が甲子園でどこまで進出するかは、非常に注目したいところなのです。

秋田びいきの、歪んだ愛情かもしれません。

偏った見方かもしれません。

しかし、「勝負は二度ない」とはいえ、「あの時勝っていれば、あるいは、、」的な今さら論を論じたくなるのです。

”野球バカの叫び”です。

正直、明桜🌸カルテット(佐々木、橘髙、長尾、風間)の力量は捨てたものではないと思います。

その強力打線も。

明桜の2020年のチーム力を間接的に知る意味でも、東北3校を応援し、健大高崎の進出を見守りたいと思います。