2019秋季中央地区高校野球決勝⚾秋田1-3明桜 | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

2019秋季中央地区高校野球決勝⚾秋田1-3明桜

2019年10月8日

中央地区の”頂上決戦”にふさわしい好ゲーム

2019年9月8日(日)。

昨日に引き続き、暑さが厳しい中やってきました、こまちスタジアム。

秋季中央地区高校野球決勝、秋田vs明桜の”頂上決戦”(中央地区)です。

昨日の準決勝もそうでしたが、両校すでに県大会出場が確定しているとはいえ、この試合を観ねばと思いました。さらに言えば、この試合での各投手陣が相手打線をどこまで封じられるか、、逆もまたしかりで、秋高打線、明桜打線がそれぞれどこまで相手投手を打ち込めるか、、見応えはそこにあるかと。

 

 

両チーム注目の先発は、、

秋田は普段、ライトの守備につく4番打者でもある菊池翔。(研究不足です。)

明桜は背番号10の橘高(きったか)。

秋田の先攻で試合開始です。

 

早くも初回から好試合になりそうな展開

1回表、秋田の攻撃。

1番菊池信。

橘高(きったか)は幸先よく、空振り三振に仕留めます。1死。

(橘高、1奪三振。)

2番高嶋はショートゴロで2死。

3番柴田もショートゴロでスリーアウト。無得点です。

 

橘高、秋高打線を相手になかなかの立ち上がりです。

 

1回裏、明桜の攻撃。

先発、左腕の菊池翔がどこまでの投球を見せてくれるのか、楽しみでした。

1番下沢はサードゴロで1死。

2番福井、ショートゴロで2死。

3番田中、フォアボールで2死1塁。

4番風間はセカンドゴロに抑え、スリーアウト。明桜も無得点です。

 

両先発投手、ともに危なげなく初回を無得点に抑えました。

さすがに決勝だけあって、好勝負が期待できる展開でした。

 

秋田側のエラーで明桜がまず先制!

2回表、秋田の攻撃。

4番菊池翔は空振り三振で1死。

(橘高、2奪三振。)

5番菅原も空振り三振で2死。

(橘高、3奪三振。)

6番大塚。

レフトオーバーのタイムリーツーベースヒット! 2死2塁とします。

しかし7番髙橋はセンターフライに倒れ、スリーアウト。得点入らず。

 

2回裏、明桜の攻撃。

5番橘高はフォアボールでノーアウトから出塁。

6番平尾。

バントの構えを取りますが、例によって揺さぶりのバスタ-でしょう。

案の定、強襲でライト前にヒット! ノーアウト1,3塁。

7番山本はセンターフライで1死1,3塁。

8番五十嵐。

この間に平尾が盗塁成功で1死2,3塁とします。

さらに秋田のキャッチャー菊池信のパスボールで3塁ランナーがホームイン!

秋田 0-1 明桜

その後、菊池翔は後続を断ち、スリーアウトに。まずは明桜が先制します。

 

3回表、秋田の攻撃。

8番佐藤起はセカンドゴロで1死。

9番伊藤、空振り三振で2死。

(橘高、4奪三振。)

1番菊池信。

レフト前ヒットで出塁。2死1塁。

2番高嶋レフトフライでスリーアウト。得点なし。

 

3回裏、明桜の攻撃。

1番下沢はレフトフライで1死。

2番福井。

3塁線への絶妙なバント。ピッチャー菊池翔はしっかり見極め、ファウルに。

球場からため息がこぼれます、、。そして福井を空振り三振に! 2死。

菊池翔は野手としてだけではなく、ピッチャーとしても十分な力量があります。

(※今更な発言ですいません、、。)

3番田中。

ライト方向への非常に大きな当たり。あわやスタンドへ?かという大飛球でしたが、結局ライトフライでスリーアウト、得点入らず。

 

秋田、同点のチャンスを生かせず

4回表、秋田の攻撃。

3番柴田はセンター前ヒットで出塁。ノーアウト1塁。

4番菊池翔。

柴田の盗塁成功でノーアウト2塁。さらに菊池のライト前ヒットでノーアウト1,3塁。

秋田、同点のチャンス!

しかし、5番菅原は空振り三振。

(橘高、5奪三振。)

この間に菊池翔は2塁への盗塁を決め、1死2,3塁。

6番大塚はショートゴロ。本塁でランナーがアウトに。2死1,3塁。

7番髙橋。

打った打球はファーストゴロ。一瞬、ファーストが1塁ベースを踏んだ後にボールを落とし、慌てて拾い上げますが、それが打った髙橋の1塁到達とほぼ同時に、、あわやセーフかというところ、、、しかし判定はアウト。

 

結局スリーアウト。秋田はこの好機を生かせませんでした。無得点です。

 

4回裏、明桜の攻撃。

4番風間はファーストゴロで1死。

5番橘高、サードゴロで2死。

6番平尾は見逃し三振! 菊池翔の快投!

 

秋田の菊池翔も好投を見せ、ほぼ互角の勝負が続きます。

 

秋田、キャプテン菊池信の一打で同点へ!

5回表、秋田の攻撃。

8番佐藤起はサードゴロ。

しかしサード平尾の送球がワンバウンドとなり、ファーストが後逸。佐藤起は2塁へ。

秋田、ノーアウト2塁のチャンスとなります。

9番伊藤、送りバント成功で1死3塁。

そして1番、菊池信。

このキャプテンのヒットで秋田が同点に! 

秋田 1-1 明桜

 

試合が白熱した展開に。

続く2番高嶋は内野ゴロで2死2塁。

3番柴田はライトフライでスリーアウト。

しかし秋田はキャプテンの一打でこの回同点に。予想以上の好展開!

 

5回裏、明桜の攻撃。

7番山本はショートゴロで1死。

8番五十嵐、これまたショートゴロで2死。

9番中峯。

うまくセンター前に運んでヒット。2死1塁。

1番下沢。

ここで1塁ランナー中峰は盗塁を試みるも失敗。スリーアウトで得点なし。

両チーム、一歩も譲らぬ好勝負を見せてくれます。

5回まで終了で1-1

 

6回表、秋田の攻撃。

4番菊池翔は空振り三振で1死。

(橘高、6奪三振。)

5番菅原はフォアボールで1死1塁。

6番大塚、見逃し三振で2死1塁。

(橘高、7奪三振。)

7番髙橋、ライト前ヒットで2死1,3塁。

8番佐藤起。

ここで盗塁成功、2死2,3塁としますが、、

佐藤起はセンターフライでスリーアウト。無得点。

 

明桜、代打・石田が勝ち越しのヒット

6回裏、明桜の攻撃。

1番下沢はショートゴロで1死。

2番福井はレフトフライ、2死。

3番田中。

右中間へのツーベースヒットで2死2塁。

そして4番風間に代わり、代打で石田。

この起用は正直、どういうことだろうと思っていましたが、見事、

三遊間を破るヒットでランナー生還!

秋田 1-2 明桜

 

なおも2死1塁。

5番橘高。

ここでキャッチャーパスボールでランナー2塁へ。 2死2塁。

そして再びキャッチャーのパスボールでランナー3塁へ。 2死3塁。

しかし橘高はレフトフライに倒れ、スリーアウト。 

 

明桜、ついにエース佐々木湧がマウンドへ

7回表、秋田の攻撃。

先ほど、風間の代打で石田が出たので、レフトには岩朝が。

秋田の先頭打者、9番伊藤はショートゴロで1死。

1番菊池信はフォアボールで1死1塁。

2番高嶋はライト前ヒットで1死1,3塁。秋田、再びのチャンス!

3番柴田。

明桜はここでエース佐々木湧がマウンドへ!

 

秋田はこの間、盗塁失敗で2死1塁に。

柴田も佐々木の前にレフトフライに倒れ、スリーアウト。

エース佐々木湧が秋田のチャンスを封じました。

 

明桜、佐々木渉のヒットで追加点

7回裏、明桜の攻撃。

6番平尾がライトオーバーのタイムリースリーベースヒット! ノーアウト3塁とします。

7番、途中からファーストに入っている佐々木渉。

三遊間を破るヒットでランナー生還!

秋田 1-3 明桜

 

なおノーアウト1塁。

8番五十嵐は送りバント成功で1死2塁。

9番中峰はキャッチャーフライで2死2塁。

1番下沢はショートゴロでスリーアウト。

 

8回表、秋田の攻撃。

4番菊池翔はフォアボールでノーアウト1塁。

5番菅原。

菊池翔が盗塁失敗で1死ランナーなし。

さらに菅原は見逃し三振で2死。

6番大塚も見逃し三振、スリーアウト。

秋高打線、佐々木湧の前に手が出ません。

 

8回裏、明桜の攻撃。

2番福井はセーフティバント、しかしアウトで1死。

3番田中。

ハーフスイングに当たった打球がピッチャーゴロに。2死。

4番岩朝はサードフライでスリーアウト。得点なし。

 

明桜エース・佐々木湧の前に秋高打線、沈黙

9回表、秋田の攻撃。

7番髙橋。

佐々木湧は140キロの速球。

ショートゴロに倒れ、1死。

 

8番佐藤起。

ファーストフライに倒れ、2死。

9番伊藤。

最後は三振で試合終了。

秋田 1-3x 明桜

 

最終回はエース佐々木湧が速球で押しまくった印象。常に140キロ近くの速球を投げていました。秋田としては、エース髙橋が登板せずに終わったこの試合。逆に県大会が楽しみになりました。

明桜はエース佐々木湧の速球もさることながら、橘高が7回までで7奪三振。秋高打線に対してこの数字は大したものだと思います。

そして秋田の菊池翔。

強打を誇る明桜に対し、9回3失点の完投。(単に私個人の研究不足でしょうが)秋田はエース髙橋、石井だけではないということも見せてくれました。(さらにいえば、高山、加藤などもいますね。)

この秋田、明桜に加えて夏の覇者、秋田中央。(この秋田中央の新チームの戦力はまだ未知数です。)

さらに県北、県南勢を交えての14日からの県大会。

非常に楽しみです。

多くの読者の皆様に、より楽しんでもらえるよう、記事の内容もさらに精度を加えていきたいと思います。

(※試合後の表彰式の場面です。)