2019秋季中央地区高校野球⚾秋田高専vs明桜 | 高校球児たちのあしあと
”球児の数だけドラマがある。”

2019秋季中央地区高校野球⚾秋田高専vs明桜

2020年6月27日

投打でたたみかける明桜

2019年9月1日(日)。

今日も晴天のこまちスタジアムにやってきました。

秋季中央地区高校野球大会、秋田高専vs明桜の一戦です。

午前中に別の所用があり、球場に到着したのは13時前。その頃には上の画像のように、すでに2回まで終了していてスコアは0-3。明桜がリードしていました。

ーーーーーーーーーー

明桜の先発は今日も風間投手です。

 

3回表、秋田高専1番浅川のセンターオーバータイムリーで1点奪取。

秋田高専 1-3 明桜

その後、2死3塁となりますが、3番高畑は三振に倒れ、スリーアウト。

 

3回裏、明桜の攻撃。

3番田中はフォアボールで出塁。ノーアウト1塁。

4番平尾。

田中は盗塁成功でノーアウト2塁とし、さらに高専キャッチャーがボールを逸らす間に3塁へ。

ノーアウト3塁とします。

しかし平尾は見逃し三振で1死3塁。

5番風間のところで、キャッチャーがまたもボールを後逸する間に田中はホームイン。

秋田高専 1-4 明桜

さらに風間がレフトオーバーのタイムリーツーベースで1死2塁。

続く6番山本のサードゴロが進塁打となり、2死3塁。

7番今野に代わり、代打森元。

三遊間を破るヒットで1点追加。

秋田高専 1-5 明桜

 

さらに森元は盗塁成功で2死2塁。

しかし8番五十嵐は内野ゴロでスリーアウト。

 

4回表、秋田高専の攻撃。

4番菊地、三振で1死。

5番佐藤も三振で2死。

6番真坂も見逃し三振でスリーアウト。得点ならず。

打者のバットに触れさせない風間の投球、素晴らしいものでした。

 

明桜、連打で得点を積み重ねる

4回裏、明桜の攻撃。

9番中峰はセカンドフライで1死。

1番下沢はセンター前ヒットで1死1塁。

2番、キャプテンの福井。

下沢の盗塁成功で1死2塁。

さらに福井のセーフティバント成功で1死1,3塁。

3番田中がライト前ヒットで1点追加。

秋田高専 1-6 明桜

なお1死1,3塁。

田中の盗塁に対し、キャッチャーの送球が外野に逸れ、3塁ランナーがホームイン。

秋田高専 1-7 明桜

1死2塁。

4番平尾は内野ゴロに倒れ、2死2塁。

そして5番風間のセンター前ヒットでさらに1点追加。

秋田高専 1-8 明桜

2死1塁。

6番山本に代わり、代打佐々木渉。

しかし佐々木渉はファーストゴロでスリーアウト。

 

5回表、秋田高専の攻撃。

明桜のピッチャーは風間に代わり、橘高(きったか)が登板。

 

風間はレフトへ。

さらにセカンド中峰に代わり、只野。

秋田高専は7番白幡が倒れ、1死。

8番安宅は三振で2死。

9番太田も三振でスリーアウト。得点ならず。

先発の風間同様、橘高(きったか)も連続三振を奪います。

 

5回裏、明桜の攻撃。

7番橘高がレフト前ヒットで出塁。ノーアウト1塁。

8番五十嵐に代わり、代打石田。

石田はバントの構え。例によってバスターでしょうか。

橘高は盗塁成功でノーアウト2塁。

石田はショート強襲の内野安打でノーアウト1,3塁。

9番只野。

石田も盗塁成功でノーアウト2,3塁。

只野のセンターフライで3塁ランナー橘高がタッチアップ、ホームイン。

秋田高専 1-9 明桜

なお1死2塁。

1番下沢のショートゴロが進塁打となり、2死3塁。

2番福井はフォアボールで2死1,3塁。

3番田中。

福井の盗塁成功で2死2,3塁。

さらに田中がフォアボールを選んで2死満塁となります。

しかし4番平尾は続かず、サードへのファウルフライでスリーアウト。

 

5回まで終了。

例によってグラウンド整備です。

 

今日はやや風が強く、砂ぼこりが舞っていました。

 

6回表、秋田高専の攻撃。

1番浅川はピッチャーゴロで1死。

2番滝城はサードゴロで2死。

3番高畑もピッチャーゴロで3死。この回も高専は得点ならず。

 

6回裏、明桜の攻撃。

5番風間がライト前ヒットで出塁し、ノーアウト1塁。

 

6番佐々木渉はレフトフライで1死1塁。

7番橘高はセンター前ヒットで1死1,2塁。

 

さらに8番石田のレフト前ヒットで風間がホームイン。

秋田高専 1-10 明桜

なお1死1,2塁。

9番只野はフォアボールで満塁。

1番下沢。

結局、下沢もフォアボールとなり、押し出し。

秋田高専 1-11 明桜

下沢はこの動画のようにかなりファウルを放ち、粘っていましたが結局フォアボールとなり、この時点で6回コールドが決定しました。

終わってみれば、風間、橘高の好投、そして風間は打撃面でも(私が確認できた限り)3安打の活躍を見せてくれました。

この明桜の新チームも戦力は十分、確実に県大会に駒を進めることが予想されます。

今後も明桜の行方には目を光らせておきたいと思います。